月別アーカイブ: 2022年11月

令和4年度11月例会「経営力を培うディベート大会」

開催場所:アルカスSASEBO
日時:令和4年11月22日(火)19時00分~20時30分
内容:経営力 を 培うディベート大会
担当委員会:総務委員会

会長挨拶

11月例会は久しぶりのディベート大会となりました。
議題は「年功序列か 成果主義か」でディベートを行いました。

年功序列派チーム:(立論)吉福会員 、(反論)村上会員 、(結論)平倉会員
成果主義派チーム:(立論)松尾功会員 、(反論)井上会員、(結論)豊島会員
審査員:山領会員、堤会員 、原田会員

まずは渡会会員よりルールの説明があり、ポイントは「自分の個人的な主義主張を訴える場ではない」ということ。議論は相手をやり込めるのではなく、審査員をいかに納得できるかにあります。
さて議題に沿って立論・反論・結論それぞれ5分、間に5分の作戦タイムという持ち時間で発表。
最後に審査員が退室し、審査を行い、結果発表という流れ。

【年功序列派の考え】
勤務年数により、賃金をUPしていくと。会社側は長期生産、働き手は人生設計が立てやすくなるメリットがある。
社会的には、成果主義だと貧富の差が広がり、不安定になる。


年功序列派チーム

【成果主義派の考え 】
人材流出が減る。実際に会社の平均勤続年数は、年功序列が10.2年に対し、成果主義は、14.1年の統計がある。
よって帰属意識は、高まっており 連帯感も損なわれておらず、生産性も上がっている。
社内の雰囲気や正統な評価が問題視されているが、雰囲気はマネジメントの問題。評価は、日本における過去20年間の評価基準がしっかり構築されているので問題ではない。


成果主義派チーム


立論発表


反論発表


結論発表

【判定結果】
年功序列派も、立論、反論をしっかり時間内で分かりやすく話していたが、成果主義派の方が、より相手の立論や反論に対する反論を統計や記事などによって、分かりやすくまとめ説明しており説得力があった。


審査員も白熱の議論中!

結果発表

という事で、今回のディベートは、成果主義の勝利で終えました。

やはりディベートは自分の考え、それと反する考えを、俯瞰して総合的に考えるための良いトレーニングになります。
経営を考える上でも役に立つ例会であったと思います。

令和4年度9月例会「従業員とのより良い関わり方」

開催場所:セントラルホテル佐世保
日時:令和4年9月28日(水)19時00分~21時00分
講演:従業員とのより良い関わり方
担当委員会:新しい時代の経営者委員会

9月28日(水)は、「会社経営上のトラブル解消事例を学ぼう」を題材に会員パネルディスカッションを行いました。
パネラーは、 西辻会員 、渡会会員、須川会員、吉田 大会員。
実際に起きた事案をコンプライアンスの面から、社会保険労務士である吉田 大会員、弁護士である渡会会員に解決方法や予防策などを詳しく解説頂きました。