カテゴリー別アーカイブ: 未分類

経済同志会シープクラブ40周年記念事業を開催しました

開催場所:ホテルフラッグス九十九島
日時:令和4年3月25日(金)18時~21時
記念講演:「日本人は、逆境をいかに乗り越えたか」~歴史に学ぶ、コロナ新時代の生き方~
講師:白駒 妃登美様
担当委員会:40年の思い出探検隊委員会

佐世保市の新型コロナ感染症まん延防止等重点措置が3/6に解除された事を受け、クラブ節目となる40周年記念式典を開催する運びとなりました。
思えば本来の40周年記念事業は2年前(2020年3月)。ところが新型コロナ感染症が全国に広がり始めたころ。当然ですが、その年の式典は延期、そして翌年もコロナ禍を受け、再度延期。
そして本年ようやく開催にこぎつけました。感染対策といて、入場前の抗原検査、体温検査、手指消毒、テーブルパーティション、席をまたいでの挨拶・お酌などを控えるといった注意喚起などを実施し、できる限りの安全な形で行いました。

記念講演には、博多の歴女 白駒妃登美(しらこまひとみ)様にお招きし、「日本人は、逆境をいかに乗り越えたか」~歴史に学ぶ、コロナ新時代の生き方~をご講演頂きました。

世界中で2年以上続くコロナ禍や、今のヨーロッパ情勢など様々な困難が起きていますが、長い長い歴史を紐解き、振り返ると、困難はいつの時代もあり、それを先人たちは克服し、乗り越えてきて「今」がある。私たち日本人の知恵と努力を歴史に学ぶことで、今の困難を乗り越え、未来を切り開くことが出来る。日本人に生まれて良かったと思う素晴らしい講演でした。

続いての懇親会は歴代会長に登壇頂き、全員での鏡開き、第2代会長 松尾英機氏の挨拶、そして第6代会長 吉田勝美氏の乾杯の音頭で祝宴がスタート。
リーブルミュージックさんの生演奏をバックミュージックに、和やかな雰囲気の中、40年の思い出を振り返りながら、友との語らいを楽しんでおられました。
最後は第9代会長 牟田陽三氏によるシープクラブ恒例の5本締めでお開き。

皆さんの笑顔あふれる素晴らしい記念式典となりました!

01

02

03

04

05

06

07

令和3年度2月例会は中止としました

2月例会は、自然とふれあう委員会担当で、2月20日に俵ヶ浦半島のウォーキングを企画しておりましたが、まん延防止等重点措置の期間延長に伴い、中止としました。

俵ヶ浦半島の歴史遺産見学や、花の森公園の梅の花、発展途中の今しか見れない九十九島公園などをウォーキングして、日ごろのストレスを解消しようと企画しましたが残念です。

屋外での活動でしたが、感染力が高い新種のオミクロン株が佐世保市内でも急拡大していることもあり、メンバーの健康を配慮した結果、中止の判断をしました。

令和3年度1月「慶祝例会」は中止としました

令和4年1月28日開催予定であった慶祝者をお祝いする「慶祝例会」は、再び増加した新型コロナの感染者数に対し、佐世保市は「まん延防止等重点措置区域」に指定されたため、2年連続の中止を余儀なくされました。

替わりに一部の役員が代表として、相浦の市街地にある飯盛神社にご祈祷に行ってまいりました。
お守り・お札を頂き、後日記念品と一緒に慶祝者の皆様にお送りいたしました。

202203-05

202203-06

令和3年度12月「クリスマス家族例会」2年ぶりに開催!

開催場所:ハウステンボス ホテルヨーロッパ「レンブラントホール」
日時:令和3年12月5日(日)17時~19時
担当委員会:自然とふれあう委員会

12月5日(日)ハウステンボスのホテルヨーロッパ「レンブラントホール」にて、2年ぶりのクリスマス家族会を開催しました。
12月は新型コロナウイルス感染症も感染の波も落ち着き、無事に開催することができました。
とは言え、従来通りの内容とはいかず、感染予防のため、席の移動は極力控え、毎年お楽しみのプレゼント抽選会も中止としましたが、メンバーでもある浦崎会員プレゼンツの生演奏で素敵にクリスマスを演出していただきました。

料理に、お酒に、音楽に、そしてご家族同士のコミュニケーションと、大いに盛り上がったクリスマス家族会となりました。

202203-01

202203-02

202203-03

202203-04

令和3年度11月例会「どうすれば売れるのか?」を考える勉強会

開催場所:まちなかコミュニティセンター
日時:令和3年11月17日(水)19時~20時30分
講演:「どうすれば売れるのか?」を考える勉強会
講師:中村 碩亨氏(株式会社カスタネット代表・切磋琢磨委員会メンバー)
担当委員会:切磋琢磨委員会

商売をしている人なら自分の会社の商品やサービスが「どうしたら売れるだろう」と考えるのではないでしょうか。その疑問を集客サービスを得意とする株式会社カスタネットの中村碩亨氏に小暮太一氏の著書『どうすればうれるのか?』を題材に勉強会を行いました。

勉強内容
・商品やサービスに魅力的なコンテンツがないと売れない「コンテンツ」=中身
・マーケティングを考える前に商品が持つコンテンツを考える
・売れる 4 つの特徴・・・ベネフィット、資格、目新しさ、納得感
・売れているものには、誰かの「不」を解消している
・ビジネスは、TTP!!徹底的にパクる=クリエイトでなくてよいすでに色んな物がある などなど

分かりやすい説明とプロジェクター画面で参加メンバーも勉強になったのではないかと思います。

image0

image1

新入会員バッジ授与式
image2

メーメーボックス
image3

令和3年度10月例会「この地域未来像~地元の小さな金融機関の視点~」

開催場所:アルカスSASEBO
日時:令和3年10月25日(月)19時~20時30分
講演:「この地域未来像~地元の小さな金融機関の視点~」
講師:陣内 純英氏(西海みずき信用組合理事長)
担当委員会:盟友探求委員会

10月に入り、すっかり新型コロナウイルスの感染状況が落ち着きを見せ、第5波も完全に終息したものと思いますが、まだまだ油断は禁物です。
さて10月の例会は西海みずき信用組合の理事長であられる陣内純英氏にお越しいただき、「この地域未来像~地元の小さな金融機関の視点~」を講演いただきました。

西海みずき信用組合は、2018年1月、佐世保中央信用組合と長崎県民信用組合が合併して発足し、その初代理事長に陣内純英氏が就任する。陣内氏は長崎西高、東京大学卒業後、日本銀行に入行。日銀では経済分析や金融機関の考査に従事。西海みずきにおいては、合併後3年半で融資金額が約2倍になるなど、地域の金融機関として中小企業の発展を支え、他銀とは異なるスピーディーな審査や融資を行い、顧客満足の高い金融機関を目標に掲げておられます。

佐世保のよりよい未来像を構想し、それを実現する手伝いをすることが、西海みずき信用組合の仕事と掲げ、佐世保市の魅力をもとに、未来を想像され、地域の持続的成長のイメージされています。
そこに重要なのは、情報発信とイノベーションの大事さ。
柔軟な発想と確実な実績で、ますます西海みずき信用組合は地域に必要な金融機関になるものと確信した講演内容でした。

例会終了後は、ながさきコロナ対策飲食店にて一年ぶりとなる懇親会を開催しました。
〆は直前会長の五本締め、これも久しぶり!

03

12

14

15

久しぶりのメーメーボックス
05

北村誠吾会員による個人演説会
01

令和3年度9月例会は中止としました

9月例会は、前回好評であった平石舞先生による「ストレッチ例会」を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症における佐世保市の感染段階がレベル5であったため、中止としました。

ストレッチ例会自体は延期とし、時期をみて開催予定です。

令和3年度8月例会「高齢者施設で新型コロナクラスター発生」

催場所:Zoom
日時:令和3年8月25日(水)19時~20時15分
講演:「高齢者施設で新型コロナクラスター発生」
講師:森 俊輔氏(有限会社RAIMU代表)
担当委員会:切磋琢磨委員会

8/25(水)シープクラブ初のZoomでのWeb例会を開催致しました。
会員の森俊輔氏から「高齢者施設でクラスター発生~新型コロナ感染、介護クラスターから見えた知らない世界 ~」の卓話をして頂きました。

高齢者ワクチン接種が高い割合で完了し、安心もつかの間に7月の4連休、お盆で人々の往来が増えたことと、デルタ株の影響で、若い世代でのクラスターが発生。8/19から長崎県独自の緊急事態宣言が発令されました。まさに今が第5波の到来で、いつ会社関係者にコロナ感染が発生してもおかしくない状況となりました。
実際に森さんが第4波でクラスターが発生した介護施設の消毒や対策に関わった経験から、会社側が出来る事前対策の職場の環境づくり、感染症対策マニュアル、社会保険労務士・弁護士の相談といった具体的な内容を教えて頂きました。

卓話を通じて、改めて医療や介護現場などの方々がご苦労がある中で、私たちの社会生活を支えてくださっていることに感謝しました。
これ以上感染症が拡大しないように私たちもより一層感染対策に沿った行動を行わないといけないと思います。

参加者は、20名と事務局員1名でした。心配していた画像や音声の乱れもなく、スムーズな進行で無事終えることが出来ました。

▼Zoomの画面▼
20210831

令和3年度7月例会総会

開催場所:アルカスSASEBO
日時:令和3年7月21日(水)19時~20時30分
担当委員会:40年の思い出探検隊委員会

6月末から7月上旬にかけて、佐世保市内で新型コロナウイルスの感染者が増える中、令和3年度の幕を開ける7月例会総会の開催も不透明な状況が続いておりましたが、7月中旬には感染者の数も落ち着き、クラブ活動の指針としている佐世保の感染状況も「レベル3」に下がったため、開催を決定しました。

そのため急な例会案内となりましたが、25名の参加者の中、無事に例会総会を開催することができました。

※コロナ感染対策とし、換気、体温測定、手指消毒、マスク着用で行いました。
例会参加者から、今日現在まで発熱等のお知らせはございません。

令和3年度例会総会
202107-01

綱領唱和
202107-02

会計報告
202107-03

監査報告
202107-04

新旧委員長、副委員長
202107-05

挨拶
202107-06

挨拶
202107-07

令和2年度6月例会は中止としました

6月はシープクラブの年度末となります。
6月例会は毎年恒例となる「佐世保市長講話」を予定しておりましたが、佐世保市における新型コロナウイルス感染症の感染状況を示すフェーズが「フェーズ4」となりましたため、中止としました。